脱毛機の種類と作用について

エステサロンや美容クリニックなどで用いられる脱毛機は、強力な作用でムダ毛を薄くしたり生えにくくすることができます。

体毛には毛周期と呼ばれる毛の生え変わりサイクルがあり、常に毛穴の全てから毛が生えているわけではありません。



毛根から体毛が育つ成長期、抜け落ちていく退行期と、体毛が生えていない休止期の3つのサイクルを繰り返します。

脱毛機の一種としてエステサロンで主に使われている光脱毛は、成長期にある毛根にエネルギーを照射することで、体毛の再生力を弱める仕組みです。



他にも、美容クリニックでは脱毛機としてレーザー脱毛がよく用いられます。



レーザー脱毛は、毛根の黒色に反応する波長のレーザーを照射し、毛を育てる細胞にダメージを与えるのが特徴です。

高い出力から、安全性のため医療機関でしか使用することができません。光脱毛と比べると短い期間で半永久的な脱毛が可能となりますが、顔の産毛など細く薄い体毛には効果が薄い場合があります。


一方、出力は弱いものの、薄毛から剛毛まで幅広いタイプの体毛に対応できるのが光脱毛のメリットです。
安全性も高いので肌トラブルが起きにくく、エステサロンのスタッフが扱っても問題ありません。

痛みも少なく、毛穴の引き締めなど美肌効果が期待できます。
エステサロンでは、脱毛時に使用するジェルなどに工夫し、抑毛効果や美肌効果のある成分を配合していることが多く、脱毛以外にも美容に様々な効果が得られます。