エステ脱毛と医療脱毛は脱毛機器が違う

エステではエステ脱毛を行い医療機関では医療脱毛を行っています。

双方は使う脱毛機が違うだけでなく効果も少し変化するので知っておくといいでしょう。



医療脱毛は基本的に医療機関でしか利用できないもので、レーザーを用いたものとニードルを使用したものが用意されています。
レーザーは聞いたことがある方が多いでしょう。

ニードル脱毛は針を使用して毛根を焼き切るといった方法で一昔前に流行ったやり方となっています。

基本的に毛根1つ1つを処理していく方法だけに時間が非常にかかってしまうのがネックです。
強烈な痛みもあるので患者にとっては負担が強すぎる施術と言えるでしょう。



現在医療機関ではレーザーを用いたものが主流です。エステで行っているサービスは光を照射して毛根を破壊するフラッシュ脱毛です。



レーザーよりも負担が少なく値段もリーズナブルなのが魅力と言えます。

これがエステと医療機関の大きな違いです。
またフラッシュ脱毛は基本的に半永久的な脱毛はできません。

脱毛するまでに少し時間もかかるので長く利用することになるでしょう。
毛は永久脱毛できませんが薄くすることはできます。
男性であれば完全脱毛よりも薄くする方が適しているので理想的なサービスです。

本格的な処理をする時はレーザーを用いた脱毛機が良く、こちらは色黒の方にも対応するロングパルスヤグレーザーもあります。

波長の長いレーザーを使っているので日焼けした肌でも問題なく処理できる脱毛機器です。