医療用の脱毛機の種類の違いについて

美容皮膚科やクリニックなどの病院では、医療関係者しか使うことが認められていない脱毛機が設置されています。
一般家庭で使われているような市販品とは特徴が全く異なっており、高い脱毛効果が得られることが特徴です。

ひと口に医療用の脱毛機といっても、種類が豊富で有名な美容外科に通うと様々な種類の脱毛の方法の中から選ぶことが可能です。

医療用の脱毛機としては、古くから使用されているものとしてダイオードレーザーが有名です。



また、主に設置している美容外科が多いタイプのものでは、YAGレーザーとアレキサンドライトレーザーも挙げられます。それぞれのレーザー機器ごとに特徴が違いますので、美容外科に行ったときに自分の肌質に合ったものを選ぶことがおすすめです。エステサロンに置いてある機器とは根本的に種類が違うものと考えておいたほうが良いです。

エステでは医療用の機器を置くことが認められていないために、出力の弱い光脱毛の方法が主流です。



一方で医療機関ではレーザー機器が用いられることが多く、短期間で強いレーザーの出力で毛根の処理ができることが特徴です。

医療用の脱毛機の種類は大きく分けると、血液内部のヘモグロビンに反応する波長のものと、メラニン色素のみに反応する波長のものがあります。ヘモグロビンに反応してしまうと、皮膚の周辺の組織までレーザーの照射が当たってしまう危険性があります。



そのために近年では、メラニン色素だけに反応するタイプの脱毛機を使用している美容外科が主流です。