経営効率を高める脱毛機とは

経営効率を高める脱毛機とは

エスタサロンが業務用脱毛機を購入する場合には、メーカーごとの特徴を理解することが重要です。

一般的なエステサロンではレーザー式かフラッシュ式の脱毛機が使用されます。



レーザー式は強力なレーザー光線を小さい範囲の毛に照射するため高い脱毛効果があります。



一方でレーザー光線は強力なので肌への負担が大きくなるという特徴を有します。フラッシュ式はレーザー光線よりも弱い光を広範囲に照射するので、肌への負担が小さく照射回数と1回あたりの照射時間を短くできるというメリットがあります。

業務用脱毛機ではランプが光を発しますが、故障する場合も存在します。

日本国内に自社工場があるメーカーであればランプの交換が可能なので修理のコストも少なくて済みます。


しかし国内に自社工場がないメーカーの場合には脱毛ヘッドまで交換しなければならない場合があります。


なるべく自社工場がありランプ交換の修理が可能なメーカーを選択するとコストを抑えて効率的な経営ができます。

また脱毛機を使用する際には安全性と操作性が重要です。
操作しやすいものを選択すればミスが少なくなるので安全性が向上します。
メーカーの中には機械の操作について十分な説明を行うなどのフォローを行っているものがあります。


また機械の操作だけでなく、エステサロンの集客や社員教育などに関する研修を行うメーカーも存在します。

脱毛機自体の性能も重要ですが、フォロー体制が充実しているメーカーを選択すると経営効率が高まります。



利便性を重視した業務用脱毛機を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。